将来のために貯金するか今を楽しむか

貯金を増やしておくということは、現在よりも将来に目を向けた考え方です。たった今を楽しみたいからこそお金は預けずに全部使うという人も世の中にはいますが、日本では伝統的に将来に備えるという考え方を持つ人が多い傾向があります。今を楽しむにしても、ある一定ラインよりも豊かな生活になっていれば良いと考えるのが一般的であり、そのラインに届いてもまだお金があるのであれば貯金にするというのが多くの人の考え方でしょう。それが基本となって、よりお金を貯めておこうという人は節約家と呼ばれ、お金を使ってより今を楽しもうという人は浪費家と呼ばれることになるのです。

結婚すると子供を育てることを考えなければならなくなるため、必然的に節約の方向に動くことになるでしょう。しかし、一人暮らしのうちはどちらの考え方にも一理あるため、どちらが良いとは一概に言えません。一人暮らしで安定した仕事に就いていると、収入には比較的余裕があってお金の貯め時であるのは確かです。一方で、一人であるがゆえに拘束するものがなく、自由気ままに日々を楽しむことができる時期でもあります。結婚生活を始めてからの生活の豊かさを優先して貯金をするという考え方も正しく、結婚してしまったらできなくなってしまうことを一人暮らしのうちにやっておくという考え方も一理あるでしょう。将来を取るか今を取るかということは個人の価値観次第ですが、それによって生じる違いは理解しておくことが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.